日本全国の賃貸物件検索サイト ルームコンタクト

日本全国の賃貸物件検索サイト ルームコンタクト
■不動産会社の方 ■サイトマップ
■SNS公式アカウント
 

IEEE1394コネクタ

パソコンの知識を深めて、パソコンを自分好みにしてみよう!

ここではIEEE1394コネクタ(IEEE1394 = Institute of Electrical and Electronic Engineers 1394)の説明をします。

IEEE1394コネクタ

IEEE1394コネクタ IEEE1394は、パラレルコネクタやシリアルコネクタよりも、使いやすく、高速なデータ転送速度を実現できるコネクタということで、USBと同じ目的で開発されたようです。最大で63台の機器が接続できます。
USBコネクタは、基本的にパソコンと 周辺機器 を接続するための規格であるのに対し、IEEE1394はパソコンを介さずに周辺機器だけで接続することができます。
そのため、 デジタルカメラ やデジタル放送チューナーなど、多くのデジタル家電製品に搭載されています。

周辺機器 を使用中に抜き差しすることができ、接続ケーブルにより電源の供給もできるようになっています。(ホットプラグと言います)
また、データの転送速度は、USB1.1よりも速く、100Mbps、200Mbps、400Mbpsの3つのモードがあります。

IEEE1394は、Apple社がドライブを接続する規格として開発した「FireWire」をベースにしている為、製品によっては今でもこの名称が使われているようです。
また、パソコンと家電製品の融合を目指し、独自の戦略をとるソニーは、「i.Link」と言う名称で呼んでいるようです。
今のところ、 USBコネクタに比べて、IEEE1394コネクタを標準装備したパソコンはそれほど多くありません。

●IEEE1394bコネクタ

IEEE1394bコネクタ IEEE1394bは、「FireWire800」とも呼ばれ、ケーブルの総延長を従来の4.5mから100mに伸ばし、最大転送速度を800Mbps~3.2Gbpsに引き上げたIEEE1394の拡張規格です。
端子の形状がIEEE 1394の6ピンに対して9ピンとなっており、変換ケーブルが必要となります。

競合規格であるUSB2.0よりも高速でデータを転送できていましたが、USBのバージョンがUSB3.0になり、データの転送速度はIEEE1394より高速になっています。
パソコン周辺機器とコネクタの対応表
コネクタ 端子 接続口 転送速度
IEEE1394コネクタ IEEE1394コネクタ端子 IEEE1394コネクタ接続口 最大400Mbps
IEEE1394bコネクタ IEEE1394bコネクタ端子 IEEE1394bコネクタ接続口 最大2Gbps
スポンサーサイト
スポンサーサイト
【デル・オンラインストア】
抜群の価格競争力と製品の信頼性
【デル・オンラインストア】
抜群の価格競争力と製品の信頼性